赤ちゃんの洋服を洗濯するには安全な洗剤を買う必要がある

赤ちゃん

洗剤は専用のものを使用

ベビー用品

赤ちゃんは大人と比べてデリケートな肌をしているため、大人の洗剤に含まれている成分で肌荒れを起こす可能性があります。そのため、新生児期の間は専用の洗剤での洗濯をお勧めします。その後は成長とともに肌が強くなってくるため、大人の衣類と一緒に洗うようにします。

我が子の安全に配慮しよう

タオル

洗剤選びにも悩みたい

免疫も未発達で、体力も低い赤ちゃんは我々大人にとってはなんの変哲もない事柄が、赤ちゃんにとっては大きなトラブルになりうる可能性もあるわけです。その例としてあげられるのが洗剤と言えるでしょう。洋服・寝具・タオルなど、赤ちゃんが使う布製品はたくさんあり、毎日何度も洗濯するお母さん・お父さんは多いはず。清潔にしなければいけないのは大前提ですが「洗剤が赤ちゃんに悪影響を与えたらどうしよう」と不安になるのも不思議はありません。小さな子どもがいる家庭であれば、可能な限り刺激が低く、赤ちゃんの肌に優しい素材を使用している洗剤を選んだほうが良いでしょう。例えば洗剤に多く含まれる香料、洋服に良い香り付けをしてくれますが、小さな子供にとっては香りが強すぎることもあります。子どもが小さいころは無香料の洗濯用洗剤を選ぶというのも良い選択でしょう。また、蛍光増白剤は服の色を明るく白く見せるための染料。有害なものではありませんが、洗濯に使うことで赤ちゃんの肌に強い刺激や大きな変化を与えてしまう可能性もあります。とはいえ蛍光増白剤は、服の黄ばみをとったり、紫外線を吸収する効果も。洗濯には欠かせない染料でもあるので、状況に応じた使い分けが望ましいといえます。雑菌の繁殖を防ぐ抗菌剤もリスクのひとつ。洗濯でのすすぎ回数を増やす、予洗いをするなどして雑菌の増殖を防げるので、子どもが小さい時は抗菌剤の含まれていない洗剤を使っても良いかもしれません。

肌がデリケート

レディ

赤ちゃんと大人の物は洗濯を別にするほうが良いです。なぜなら赤ちゃんの肌が弱く、大人の洗剤や洋服の汚れ等が肌に刺激になるからです。洗濯する時は、専用の洗剤を使うか肌に優しい物を使う必要があります。服が汚れた時は専用のバケツ等でつけ置きし、それから洗濯すれば汚れが落ちやすいでしょう。

肌に優しい素材選び

洗濯もの

赤ちゃんの肌はデリケートですので、月齢が低いうちの洗濯には、石鹸成分からできているものが多い洗濯洗剤を選ぶと安心です。原材料をしっかりと確認し、肌に負担の少ない素材でできているものを選ぶようにしましょう。